スポンサーサイト

  • 2010.12.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


貸金の総量規制

だいぶ寒くなりましたね。
今年はどんな年でしたか??

6月18日から個人向け貸付けにおいて、その人の年収等の3分の1を超える貸付けをすることが原則禁止されました。
例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となります。
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されることになります。
債務者にとっては厳しい世の中になりましたね。。

ちなみに貸金の規制は主婦 キャッシングにとっても関係あるようですよ。

総量規制は原則として個人ごとに年収等の3分の1を基準としますが、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが、配偶者貸付けという制度で認められています。
この配偶者貸付けにおいては、配偶者の同意と配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類が必要になりました。

専業主婦が夫に内緒で借りられなくなる!?

そこで、クレジットカードのショッピング枠現金化というのが新たに人気らしいですよ。

色々な業者があって、業者によってサービスも違うので
クレジットカード現金化 ランキングサイトで内容を見極めましょう。

HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書(医療介護CBニュース)

 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議など4団体はこのほど、民主党の小沢一郎幹事長にあてて、「子宮頸がん予防ワクチン接種および子宮頸がん検診の受診率向上に関する要望書」を提出した。

 要望書を提出したのは、同専門家会議のほか、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会、社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト、財団法人日本対がん協会。

 要望書では、▽子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の第一に接種すべき対象である11-14歳女児への接種および子宮頸がん検診が、今後、ともに国の継続的事業として無料で受けられること▽公報やマスメディアを通した積極的な広報活動で、検診とHPVワクチンの重要性がすべての国民に正しく啓発されること▽学校において、「健康教育」としての子宮頸がん予防のための検診とワクチンの重要性を正しく教育すること-の3項目を求めている。

 同専門家会議の事務局によると、今後、長妻昭厚生労働相らにあてても要望書を提出する方針。


【関連記事】
「子宮頸がん」で市民公開講座
主婦の4割、過去1年間に検診受けず
ワクチン接種の障害、「高額な費用負担」が7割近く
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会

<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
「維持員席」調達に74万円=2席分、親方側支払い―名古屋場所、暴力団観戦(時事通信)
杉並区長、5月末に辞表…参院選出馬の意向(読売新聞)
<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
石田純一、初来日『マイレージ、マイライフ』のアナ・ケンドリックにオヤジギャグ披露!

両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)

 神奈川県を訪れている天皇、皇后両陛下は23日、同県秦野市の県立秦野戸川公園地区を会場に開かれた第61回全国植樹祭の式典に出席された。
 式典に先立ち、両陛下は同県南足柄市の足柄森林公園でケヤキやヤマザクラなどの苗木を植樹。木々が芽吹く様子などをパントマイムで表現したアトラクションを鑑賞した。 

たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)
水商売バイトは当然…詐欺や強姦、学生の犯罪エスカレート(産経新聞)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)
<口蹄疫>観光客も「来て」言えず 2次被害打つ手なし(毎日新聞)
<山陽新幹線>停電で姫路〜新大阪駅間運転見合わせ(毎日新聞)

雑記帳 メロン熊 ミスマッチで人気(毎日新聞)

 北海道の夕張メロンとヒグマを合体させた「メロン熊」グッズが人気を呼んでいる。北海道物産センター夕張店の若狭翁斉(おうさい)店長(28)が、かつてメロンのハウスに侵入して食い荒らしたクマがいたとの話を聞き、商品化を思いついた。

 昨年9月にメロンにクマの顔をつけたマグネット(380円)1000個を販売したところ完売。その後、足のついたマグネット(580円)、ストラップ、Tシャツなどを次々と売り出した。

 同店とホームページでの限定販売。特に若者に人気といい、若狭店長は「ゆるキャラ全盛の中でリアルなクマとメロンのミスマッチがうけたのでは」。【吉田競】

進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)(医療介護CBニュース)
捜査員が逮捕前に同宿「量刑に影響なし」懲役18年 大阪地裁(産経新聞)
元夫を遺棄容疑で逮捕=殺害も示唆、空き家の女性遺体−静岡県警(時事通信)
<掘り出しニュース>静岡の小川さん、脳疾患乗り越え 日本一周離島巡り(毎日新聞)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)

[静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました(レスポンス)

走行音が静かすぎて歩行者が接近に気がつかない。こうした指摘を受け、EV(電気自動車)やHV(ハイブリッド自動車)に、わざと音を付けた「静音性対策」車両の実車走行調査と体験会が10日午後、都内の自動車学校で開催された。報道陣や一般に公開された。

先に国土交通省自動車交通局がまとめた「ガイドライン」にそって、トヨタ、日産、三菱の3メーカーが対策車両を準備。一般道に見立てた自動車学校のコースで、実車走行を実施した。

用意された車両は、HVではトヨタ『プリウス』、EVでは三菱『i-MiEV』、日産の試作車の3台。自動車学校で使われているガソリンエンジンの教習車両も比較のため用意された。

静音性対策車両が音を出すのは、走行速度10km/h程度の低速の場合だ。調査では対策車両の単独走行のほか、停止、発進をした場合、ガソリン車に続いて走った場合など、様々な走行パターンをテストした。目の不自由な人も走行音を体験した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
ハイブリッド向け“疑似エンジン音”装置 発売
日産 リーフ、ハワイを先行販売エリアに指定
トヨタ プリウス …エコカー補助金対象は6月末までに
国土交通省 特別編集
電気自動車 EV、PHV 特別編集

<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(上) ―銚子病院再開、成否のカギは「複合医局」(医療介護CBニュース)
名護市長「政府との協議には応じず」(産経新聞)
<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)

男児がライターで火遊び 警報器作動し消火 葛飾(産経新聞)

 金町消防署は21日、葛飾区内のアパートで、子供が使い捨てライターで火遊びをしたことが原因で火災があったと発表した。この部屋は住宅用火災警報器が設置されており、ぼやで消し止められたという。

 金町消防署によると、20日午後11時ごろ、葛飾区南水元のアパート2階で30代の母親が就寝中、火災警報器が作動。母親が居間に行くと、車のおもちゃが焼けていた。母親はバケツで水をかけ、ぼやで消し止めた。けが人はなかった。就学前の長男が使い捨てライターで火遊びし、おもちゃに燃え移ったという。

 1日から一般家庭でも住宅用火災警報器の設置が都条例で義務づけられ、女性方でも3月に設置したばかりだった。金町消防署によると、警報器がなければ大きな被害になった可能性もあったという。

【関連記事】
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡

宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)
<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
「今の会社に一生勤めたい」過去最高57・4%(読売新聞)
5月決着、先送りの可能性=普天間移設で防衛相(時事通信)

徳之島3町長 政府と会談拒否 勝負の電話…首相「存ぜぬ」(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、滝野欣弥官房副長官(事務)は20日、政府が移設先として検討してきた鹿児島県・徳之島の天城、伊仙、徳之島の3町長に個別に電話し、平野博文官房長官との会談を申し入れた。政府高官が正式に会談を要請するのは初めてだが、3町長はそろって拒否した。鹿児島県の伊藤祐一郎知事も同日、滝野氏からの会談同席要請を拒んだ。

 滝野氏は「平野長官が鹿児島市に行くので、集会の様子を聞かせてほしい」と3町長に伝えた。18日に徳之島で開かれた移設反対集会に関する意見聴取が名目だが、平野氏には移設に理解を求める狙いがあった。

 しかし、3町長は移設反対の立場から政府との話し合いに応じない方針を事前に確認しており、この日も電話で「不誠実な人に会うつもりはない」(大久保明・伊仙町長)などと会談拒否を伝えた。

                   ◇

 「それは滝野欣弥官房副長官にお聞きください。私が存じ上げる話ではありません」

 鳩山由紀夫首相は20日、滝野氏が普天間問題解決に向けて徳之島の3町長に電話したいきさつを尋ねる記者団にこう答えた。突き放したようなこの発言には、今の鳩山政権が抱える問題の縮図がある。政権内部の意思疎通の欠如と信頼関係の希薄化はこの内閣が崩壊過程にあることを物語っているかのようだ。

 政府は20日、普天間問題の解決に向けて勝負をかけた。それが平野博文官房長官と3町長の会談を打診した滝野氏の電話だった。会談の趣旨は「徳之島で18日に基地移設反対の大規模な集会が行われた。それを町長さんがどうとらえているか」(滝野氏)を探るため。だが、徳之島移設案を3町長に打診する意図もあったはずだ。そもそも徳之島案を政府が考えてもいないとすれば、集会の様子を探る必要などないからだ。

 鳩山首相は「政府の考え方がまとまっているという状況ではありません。まだその段階ではありません」として、この段階での移設案提示はあり得ないと言い張る。だとすれば、滝野氏の電話は、首相の意向を無視したスタンドプレーだったということになる。

 しかし、3町長が不信感を募らせていたのは、いつまでも政府側から正式な打診がないこと。滝野氏としてはよかれと思って早めに手を打ったつもりだったのかもしれない。これに対して、鳩山首相は次のように切り捨てた。

 「どのような思いで滝野副長官が電話をしたか分からない」

 官邸内の人間関係はどうなっているのか、互いをかばう気持ちはないのかと疑わざるを得ない発言だ。

 一方、3町長は滝野氏の電話に強く反発した。

 「そのような方に会う気は全くありません!」。徳之島・伊仙町の大久保明町長は政府高官からの電話を一方的に切った。大久保氏は産経新聞の取材に、「平野氏が『徳之島移設をお願いしたいから会ってくれ』と、本当のことを言えばいいのに」と言い放った。

 連立与党間の亀裂も修復不可能な状態にある。岡田克也外相は20日の記者会見で、移設先について「日本の外ということは考えられない」と述べ、社民党の主張を明確に否定した。

 首相が宣言した「5月末決着」まで残りわずか。北沢俊美防衛相は同日の参院外交防衛委員会で「5月いっぱいで全部片付くかどうか…」と本音を漏らした。(五嶋清)

【関連記事】
鳩山首相、マスコミ報道で「徳之島の反対運動が強くなった」
徳之島の町長「首相に会う必要ない」「怒らせた」「あきれる」
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
危険な最新鋭輸送機…普天間継続使用で日米同盟危機
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意(医療介護CBニュース)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)

大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)

 ライオンをガラス越しに観察できる迫力満点の展示スペース「レオガラス」を広島市安佐動物公園(同市安佐北区)が設置し、一般公開を始めた。

 ガラス1枚を隔てて見る「百獣の王」の迫力に、来園者らは大喜びで、興味深そうに観察していた。

 レオガラスは高さ3メートルで厚さ約2センチ。体重200キロのライオンが時速60メートルでぶつかっても大丈夫な強度という。

 今まではライオンと観覧者の間は、幅約9メートルの堀とさくで隔てられていたが、改修工事で堀に橋を架け、さくの代わりに強化ガラスを設置した。

【関連記事】
“生き餌”食べさせる殺戮ショー トラ虐待、中国で問題化
長崎の“竜馬”が薩摩へ 「泳げないカバ」の次男
動物園からペンギンなど盗む 長崎地裁で初公判
敵もサルもの…今度は逃がさぬ 東山動物園が新飼育舎
春は恋の季節? クジャクが羽根を広げてラブコール

友人や家族のパンツを食い込ませるイタズラ「ウェッジー」の写真いろいろ
<大阪・寝屋川の女児虐待死>全身に20カ所以上の傷 (毎日新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)

川崎マンション火災 重体の4歳次男死亡 死者3人に(産経新聞)

 川崎市川崎区のマンションで6日、土木作業員の上村隆透(たかゆき)さんの部屋が全焼した火災で、意識不明の重体だった上村さんの次男、雄哉君(4)が11日午前1時40分、死亡した。この火災では上村さんと長女、悠華(はるか)ちゃん(2)が死亡しており、死者は3人となった。

【関連記事】
重体の父親が死亡 川崎のマンション火災
川崎でマンション火災 1人死亡2人重体
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡
重体の4歳女児死亡…宮城アパート火災
住宅街に悲鳴「もう無理」 神戸の火事3人死亡

<麻薬取締法違反>MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検(毎日新聞)
<火災>粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮(毎日新聞)
<米国>「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省(毎日新聞)
<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)

<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)

 宮崎県日向市の市立幸脇(さいわき)小学校(島田尚人校長、16人)の運動場に、土地の所有権を主張する男が無断でミカンの苗木を植えた問題で、県警日向署は6日、同市幸脇、無職、福田究(きわむ)容疑者(59)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。容疑を認めているが「自分の土地だから植えた」と主張しているという。

 逮捕容疑は3月19日午後5時半ごろ〜同22日午後7時ごろにかけて、同小運動場に重機で穴を掘ってミカンの苗木130本を植え、運動場(約400平方メートル)の半分を使用不能にし、業務を妨害したとしている。福田容疑者が雇った3人の作業員についても容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同市教委などによると、苗木は3月27日に市職員らが撤去し、はがされた芝も既に修復している。土地は1925(大正14)年に市が地主らから買収したとされるが、不動産登記に記録の一部しか残っておらず、所有権を巡って20年ほど前から福田容疑者と市側で話し合いが続いていたという。市は近く土地の所有権を明確にするため民事訴訟を起こす意向だが、一方で福田容疑者に土地の固定資産税を支払わせていたことも分かっており、市側の落ち度も指摘されている。【川上珠実】

【関連ニュース】
威力業務妨害容疑:私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎
弘前の百貨店爆破予告:被告に有罪判決--地裁支部 /青森
京大病院爆発騒ぎ:元患者の男逮捕へ−−府警

「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
琉歌で首相を激励=国民新・下地氏(時事通信)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)
政府案「数日のずれも」=普天間移設で首相(時事通信)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす−−大阪・寝屋川(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理
2ショットチャット
無料ホームページ
債務整理無料相談
現金化
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM